ブログ   まれびとのつぶやき  
 

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近の記事
平野神社、北野天満宮の桜

桜の写真 泰山府君

今日のみずの森

20年前のみずの森

今年の冬は……

雪のみずの森

追記

ブログを統一しました。

短歌データベースに与謝野晶子、 ..

花の歌(続き)

花の歌

エッセイを書きました

短歌データベースについて

短歌データベースについて

ご挨拶

過去ログ
2022年 5月
2022年 1月
2021年 4月
2021年 2月
2021年 1月

 



花の歌(続き)
 植物が登場する短歌がどれくらいあるのだろうかと調べていますが、全体約22万首のうち約34%でした。その中で特定の植物の名前がわかるものが約67%で約5万首、それ以外が約33%で約2万5千首。もっとも多いのが松(約3,200首)、次が桜(約2,100首)、梅(約1,600首)、竹(約1,600首)、杉(約1,400首)と続きます。

 植物を多く歌った歌人とそうでない歌人の個人差もかなりあるようです。長塚節は全作品のうち90%近くの作品で何らかの植物を歌っています。しかも、そのうちの約90%が特定の植物名を歌っています。これは飛び抜けて多い例ですが、明治大正時代の歌人が総じて多いかというとそうでもありません。やはり、歌人それぞれの個性によるということなのでしょう。

 また、時代の変遷とともに、時代ごとに多く歌われる植物も変化していると思われます。

 なかなか興味深い資料ができてきたので、これからじっくりと眺めてみようと思います。


■トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://www.marebito.jp/blog/001/blog.cgi/20210221101336

■コメント


■コメントを書く

名前:

メールアドレス(任意):
    

URL(任意):

この情報を登録する

内容:

パスワード(任意):

ヒューマンチェック(選択した計算結果を入力):

△ページのトップへ
 


【HOMEに戻る】

最近のコメント
Crytonennen on 今日のみずの森

Crytonennen on 今日のみずの森

Crytonennen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 今日のみずの森

Henrynen on 平野神社、北野天満宮の桜

最近のトラックバック

携帯で読む
   URLを携帯に送る


Powered by CGI RESCUE